岡崎市の司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

「家族信託」で相続税の節税をしたい???

「家族信託」で相続税の節税をしたい???

 

「家族信託をすれば、父が認知症になっても暦年贈与を継続することができ、相続税が節税できます。」という説明を見たことがありますか?

 

相続税の節税のための「暦年贈与」。

これは、贈与税基礎控除額(1年間に110万円)を利用して、「父が子供3人に対し、毎年110万円分の贈与をする」等の方法で、相続財産を圧縮し、相続税の節税を計るものです。

しかし、父が認知症等で判断力が無くなってしまうと、「贈与する」ということができなくなります。

そこで、家族信託を利用し、父の判断力がしっかりしているうちに財産を託してもらい、託された人が、父の判断力が無くなった後もずっと、毎年の贈与を継続すれば良い、という説明です。

 

でも、ここで私は「?」マークが「???…」と、たくさんついてしまいます。

そもそも「家族信託」とは、託す人(委託者・例:父)・託される人(受託者・例:長男)・その利益を受ける人(受益者・例:父)で成り立っているものです。家族信託で利益を受けるのは、受益者(例:父)です。

相続税の節税のために、暦年贈与を継続したい」というのは、相続税を支払う側、つまり子供たちの利益であり、父の利益ではありません。

 

父が本当に「子供たちが相続税をたくさん支払わなくて良いように、毎年贈与をずっと続けたいのだ」と思っているのならば、その思いを実現させてあげることは父のためになることでしょう。ただ、「相続税の節税=子供たちの利益」のために「家族信託」をする、と考えると少し違和感があるのです。

 

認知症対策としての家族信託」。これは、あらかじめ財産を託してもらって、父や母が認知症等になってしまっても、その生活に困らないように、子供たちが支える、というものです。

もちろん、そのなかで財産の組み換え等により、相続対策(もめない対策)や相続税対策(節税対策)になることを行うことができますし、あり得ることです。

ただ、「家族信託」によって利益を受けるのは受益者(父や母)であり、子供たちではない、ということは、しっかり認識しておく必要があると思います。

 

 

 ~~お知らせ~~

 

「家族信託セミナー(無料)」を開催しております。
chie-ikeda.hatenablog.com

 池田千恵司法書士事務所にて

(愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号 ※駐車場あり)

お申込みはお電話で TEL 0564-54-6330

随時受付中(但し、当日は12:00まで) 

☆お気軽にご参加くださいませ☆

 

愛知県岡崎市および幸田町周辺にお住まいの方で家族信託をご検討されている場合は、「岡崎家族信託・相続手続き事務所」のホームページをご覧下さいませ。 

画像をクリックするとページを開きます。

f:id:chie-ikeda:20190331191409p:plain
岡崎家族信託・相続手続き事務所

岡崎・幸田で家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます