岡崎市の司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

共有の実家を家族信託するには

共有の実家を家族信託するには

 実家は、父と母の共有名義。

父と母は、今はなんとか二人で生活をしていますが、だんだん年老いてきたので、「いずれは施設へ入所したい。」と言っています。「家は、二人とも亡くなったときに残っていれば売って子供3人で分けてくれれば良い。もし施設の入所費用や介護費用に充てるために、先に売った方が良いのであれば、売ってくれて良い。」と言っています。

この父と母の気持ちを実現するためには、どうしたら良いでしょう。

 そうです!家族信託です!!

判断力がしっかりしているうちに、託してもらいましょう。

そして、今後、父と母が病気や認知症等で判断力が低下してしまっても、実家の管理をし、必要があるときには売却する、ということができるようにしておきましょう。

 ただ、今回のケースは実家が父と母の共有名義です。父と母から、どのようにして託してもらえば良いのでしょうか。

 この場合は、信託契約を2つ作成します。

一例を挙げます。

①実家の父の持分について。委託者(託す人):父、受託者(託される人):長女、受益者(利益を受ける人):父、第2受益者(父死亡の場合に利益を受ける人):母、帰属権利者(父母二人とも死亡の場合に財産をもらう人):子供3人。

②実家の母の持分について。委託者:母、受託者:長女、受益者:母、第2受益者:父、帰属権利者:子供3人。

 このように信託契約を2つ組むことで、管理は長女ひとりに託すことができます。父と母のどちらかが認知症等になってしまっても、あるいは二人ともそうなってしまっても、管理は長女の判断で継続していくことができ、必要なときには売却もできます。父と母のどちらかが死亡した場合には、生存している方に受益権が集まりますので、父と母の財産を最後まで二人のために使うことができます。

父と母の二人ともが死亡した場合には、法定相続人である子供3人が財産をもらうことにしておきます。

 

~~お知らせ~~

「家族信託セミナー(無料)」を開催しております。
chie-ikeda.hatenablog.com

 池田千恵司法書士事務所にて

(愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号 ※駐車場あり)

お申込みはお電話で TEL 0564-54-6330

随時受付中(但し、当日は12:00まで) 

☆お気軽にご参加くださいませ☆

 

愛知県岡崎市および幸田町周辺にお住まいの方で家族信託をご検討されている場合は、「岡崎家族信託・相続手続き事務所」のホームページをご覧下さいませ。 

画像をクリックするとページを開きます。

f:id:chie-ikeda:20190331191409p:plain
岡崎家族信託・相続手続き事務所

岡崎・幸田で家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます