岡崎市の司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

家族信託をすると、なぜ子が父の家を売ることができるのか

家族信託をすると、なぜ子が父の家を売ることができるのか 

父の認知症が進んで、判断力が無くなってしまっても、あらかじめ家族信託をしておけば、子が父の家を売ることができます。

家を売る場合、売主は家の所有者である父です。売主である父の判断力が無くなってしまえば、売買契約ができないので、家を売ることができません。

しかし、父が元気な時に、家族信託をして子に託しておけば、子が父の家を売ることができます。

では、家族信託をすると、なぜ子が父の家を売ることができるのでしょうか?

それは、託された子が、父の家の所有者になるからです。「信託による所有者」です。登記もします。「信託による所有者」になった子は、父の家の売主として、売買契約をすることができます。

「俺が倒れたら、俺の家を売って、介護費用に充ててくれ。」

これを口約束で頼んでおいただけでは、父の代わりに子が売主になることはできません。それを家族信託で子が「信託による所有者」になっておけば、子が父の家の売主になって売ることができるのです。

「俺が倒れたら、俺の家を売って、介護費用に充ててくれ」と思っているのであれば、口約束ではいけません。きちんと家族信託をしておきましょう。判断力がしっかりしている、“今のうち”です。

 

~~お知らせ~~

「家族信託セミナー(無料)」を開催しております。

chie-ikeda.hatenablog.com

 

池田千恵司法書士事務所にて

(愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号 ※駐車場あり)

お申込みはお電話で TEL 0564-54-6330

随時受付中(但し、当日は12:00まで) 

☆お気軽にご参加くださいませ☆

 

愛知県岡崎市および幸田町周辺にお住まいの方で家族信託をご検討されている場合は、「岡崎家族信託・相続手続き事務所」のホームページをご覧下さいませ。 

画像をクリックするとページを開きます。

f:id:chie-ikeda:20190331191409p:plain
岡崎家族信託・相続手続き事務所

岡崎・幸田で家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます