岡崎市の司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

「家族信託」で登記はどうなるの?

「家族信託」で登記はどうなるの?

家族信託で不動産を託した場合、登記はどうなる?

家族信託で、家やアパートなどの不動産を親から息子に託した場合、登記はどうなるのでしょうか?

所有者欄に託された人が登記される

今は父名義の不動産。これを家族信託すると、所有者欄に、「受託者 息子の住所・氏名」と登記されます。

家族信託で託された人は不動産の管理・運用・処分ができる

家族信託では、“父名義の不動産を息子が託されれば、息子が父のためにその不動産を管理・運用・処分(貸したり売ったりすること)ができる”ということが大きな特徴です。なぜ、父名義の不動産を息子が貸したり売ったりすることができるのか。

それは家族信託により、息子が形式的な「所有者」となるからです。登記の「所有者」の欄に、息子の住所・氏名が入ります。ただ、売買の買主のように、「所有者 住所・氏名」と登記されるのではなく、「受託者 住所・氏名」となります。

受託者である息子は、「信託による所有者である」と登記されるわけです。「信託による所有者」となった息子は、その不動産を貸したり、売ったりすることができます。

そして、信託の登記には、「信託目録」というものが付きます。この目録には、信託の委託者(託した人)・受託者(託された人)・受益者(利益を受ける人)が誰なのか、信託の目的は何か、信託財産の管理方法としてできること・できないこと、信託の終了事由などが記載されます。これによりその信託の内容がわかるようになっています。

家族信託で不動産を託す場合は、登記に精通している司法書士に依頼するのがおすすめです

家族信託で不動産を託す場合は、登記の変更が必要になってきます。不動産登記は司法書士が日頃から精通している業務です。是非、ご相談下さい。

 

池田千恵司法書士事務所では、家族信託について直接お話を聞いてみたいという方は、毎月第3水曜日に「家族信託ミニセミナー(無料)」を開催しておりますので、併せて下記「お知らせ」をチェックしてみて下さいませ。

~~お知らせ~~

「家族信託ミニセミナー(無料)」を開催しております。

f:id:chie-ikeda:20190321091845p:plain
家族信託無料ミニセミナー

毎月第3水曜日に、「家族信託ミニセミナー(無料)」を開催しています。

直近の予定

2019年7月17日水曜日 18:00~19:00
2019年8月21日水曜日 18:00~19:00

池田千恵司法書士事務所にて

(愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号 ※駐車場あり)

お申込みはお電話で TEL 0564-54-6330

随時受付中(但し、当日は12:00まで) 

☆お気軽にご参加くださいませ☆

 

愛知県岡崎市および幸田町周辺にお住まいの方で家族信託をご検討されている場合は、「岡崎家族信託・相続手続き事務所」のホームページをご覧下さいませ。 

画像をクリックするとページを開きます。

f:id:chie-ikeda:20190331191409p:plain
岡崎家族信託・相続手続き事務所

岡崎・幸田で家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます