岡崎市の司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

「頼む」と「託す」…「委任」と「家族信託」

~お知らせ~

家族信託専門の窓口ホームページを開設しました。

f:id:chie-ikeda:20190331191409p:plain
岡崎家族信託・相続手続き事務所

毎月第3水曜日開催!家族信託無料ミニセミナーのご案内

f:id:chie-ikeda:20190331191625p:plain
家族信託ミニセミナー

 「頼む」と「託す」…「委任」と「家族信託」

「頼む」と「託す」はどう違うのでしょうか?

 

息子や娘に財産の管理等を「頼む」場合、それは「委任」です。

息子や娘に財産の管理等を「託す」場合、それは「家族信託」です。

 

「頼む(委任)」では、頼んだ人の代わりに頼まれた人が動きます。たとえば「これをリサイクルショップへ売って!」と頼んだ場合、実際に動くのは頼まれた人ですが、その結果、いくらで売れたとしても、頼んだ人の責任になります。高く売れて儲けても、安くしか売れなくて損をしても、その結果は頼んだ人が受けます。

 

「託す(家族信託)」では、財産を託された人が、自分の責任で動きます。「これをリサイクルショップに売るか、売らないか」それは託された人が判断します。託された人が「売ろう」と決めて売った場合、それが高く売れても、安くしか売れなくても、その結果は託された人が受けます。

 

 

「頼む」の場合、頼む人が認知症になったり、判断力が低下してしまったりした場合には、もう「頼む」ということができません。

 

「託す」ではどうでしょう。あらかじめ「託して」おけば、託した人が認知症になったとしても、判断力が低下してしまったとしても、「託した」ことはずっと変わらずに続いていきます。

 

あらかじめ「託して」おく「家族信託」であれば、託した人が認知症になっても、あるいは死亡しても、また託された人が死亡しても、家族信託自体は続いていきます。(もちろん、「死亡したら家族信託が終了する」とすることもできます。)

「家族信託」で「託して」おけば、途中でできなくなってしまうことはなく、長期間にわたってお願いしておくことができます。

 

~~お知らせ~~

2019年4月より、「家族信託ミニセミナー(無料)」を開催します。

f:id:chie-ikeda:20190321091845p:plain
家族信託無料ミニセミナー

毎月第3水曜日 18:00~19:00

池田千恵司法書士事務所にて

(愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号 ※駐車場あり)

お申込みはお電話で TEL0564-54-6330

随時受付中(但し、当日は12:00まで) 

お気軽にご参加くださいませ

岡崎・幸田で家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます