司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

まずトイレの改修を!

親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

 足腰が弱くなったら、まず困るのがお手洗い。トイレです。

 あなたの実家のトイレは、和式ですか?洋式ですか?

「和式ですが、慣れているから、大丈夫」・・・?

もちろん、そうでしょうけれど、やはり足腰が弱くなれば、和式は負担が大きいです。

 洋式の、できれば洗浄機付きのものへ改修しましょう。

そして、入口の段差をなくし、また、手すりもつけておきましょう。

 

 歳を重ねると、「転倒すること」が病気へのきっかけとなってしまうことがあります。「何で、ほんの数cmの段差で転ぶの?」と不思議に思いますが、何故かつまずいて、転んでしまうのです。せめて、家の中の段差はなくしておきたいものです。とくに、避けて通れない、お手洗い。トイレ。まずここから改修しましょう。

 

 要介護認定を受けている方ならば、住宅改修費用が介護保険から支給されます。ただし、利用するには事前の申請が必要です。ケアマネさん(ケアマネージャー・介護支援専門員)に相談しましょう。

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330