司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

(続)実家が、空き家になる?

親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

 もしかして、「実家が空き家になったら、家を壊して、貸し駐車場にでもしようかな~」と思っていますか?

 “家を壊して、貸し駐車場にする”って、どういうことか、わかりますか?

わかりますよね。そうです。まず、家を解体します。そして土地を測量して、隣地との境界を確定させます。次に駐車場として、何台をどのように配置するのか、設計をしてもらいます。そしてアスファルトを敷くのか、砂利にするのか等を決め、施工してもらいます。

 

 これで貸し駐車場の完成です。

 

 実は、ここまでするのに、ずいぶんお金がかかることをご存知ですか?

 

 今住んでいる家を建て替えるのであれば、建築業者に今の家の解体と新しい家の建築を頼むので、解体費用は新築費用にまとめて請求されます。その請求額を基に、銀行から住宅ローンを借りることになるでしょう。

 しかし、空き家になった実家を解体するのには、一般の「住宅ローン」は使えません。金利の低い「住宅ローン」は使えないということです。

 もちろん、ローンを使わず、現金で支払えば良いのですが、通常、ポケットマネーで支払える金額ではないと思われます(少なくとも、私の感覚ではそうです)。

 

 最近では、住宅改築用の「リフォームローン」のように、空き家対策用の「住宅関連費用ローン」を用意している銀行等もあるようです。一般の「住宅ローン」ほどではないけれど、全くの「フリーローン」よりは少し金利が低いということです。

 

 実家を解体するのもたいへん。貸し駐車場を作るのもたいへん。

何故って?それは、それなりのお金がかかるから。だから、そうするのであれば、あらかじめ計画を練っておく必要があります。

 その後もあります。

相続税を支払って、お金をかけて貸し駐車場にしたけれど、近隣にも貸し駐車場がどんどんできて、なかなか借り手がいない。結局、またお金をかけて、「空きあり」という看板を作り、不動産管理業者にも頼んでみたけれど、やはり借り手が見つからない。…これでは困りますね。

 

 将来、どんな状況になるのか。“なんとなく思っている”ではなく、“きちんと考えておく”ことが大切です。もちろん、それは“早めに”考えておくことをお勧めします。

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330