司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

法定相続人:被相続人は妻

Q28 妻が亡くなりました。妻の財産は銀行預金だけです。夫である私一人で、すべて手続きできますか?

 

A 残念ながら、できません。

 相続の説明は、「夫が亡くなった場合」を例に挙げることが多いですが、これは「妻が亡くなった場合」も同じです。夫は亡くなった妻の“配偶者”ですから、常に相続人となります。

 しかし、子供がいれば子(もしくは代襲相続の孫)、子供がいなければ親、子供も親もいなければ兄弟姉妹と、共同して相続することになります。

 亡くなった方の財産を分けるには、相続権のある方々、みなさんの合意が必要です。

 

f:id:chie-ikeda:20161107132918p:plain

代襲相続=相続人が先に亡くなっている場合、その相続分を受け継ぐこと

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330