司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

超高齢社会は、介護社会?

親が75歳になったら、知っておきたい、たくさんのこと!!

 

高齢化社会」・「高齢社会」・「超高齢社会

 

世界保健機構等では、65歳以上の人口比率により、呼び方を変えています。

総人口に対して65歳以上の人口の占める割合が、21%を超えた場合に、超高齢社会というようです。

 

 日本は、25.9%(総務省統計局・平成26年9月15日現在推計)

 みごとな超高齢社会です!

 

 そして、平成28年6月29日総務省発表の2015年国勢調査「1%抽出速報」によると、総人口に占める65歳以上の割合は、26.7%!!また増えています!

 

「PPK」=ピンピンコロリが理想

 

死ぬ直前まで元気でいて、コロリと亡くなるのが理想かもしれません。

でも、なかなかそうはいきませんね。

 

 「介護社会?」

 

 超高齢社会ということは、自分が「介護される」または「介護する」のどちらかになる確率は、相当高いと考えられます。

これはもう、「介護社会」ではないでしょうか?

 

 自分の親が要介護状態になる。

 自分が親の介護をする日がやってくる。

 ・・・なかなか想像できない、現実として考えたくないことではありますが、いつか、そんな日がやってくるかもしれません。

 

 今できることは、親としっかり向き合い、知識を得て、準備しておくことでしょう。

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330