司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

自治体の「リバースモーゲージ」は?

知っておきたい!こんなこと(^0^)

リバースモーゲージとは、

自宅を、住みながら担保に入れて、お金を借りること。

生きている間は元本(制度によっては利息も)の返済は必要なし。

亡くなったときに相続人がその家を売るなどして清算します。

 

これを自治体が行っています。

都道府県単位で制度があるようです。

実際に窓口になるのは、市町村の社会福祉協議会など。

 

銀行や信託銀行が扱っているリバースモーゲージとの違いは、低所得者向けの制度であることです。

 

愛知県の場合、利用の条件は、

・一戸建てであること

・土地の評価額が1500万円以上であること

・配偶者または親以外の同居人がいないこと

・居住者は65歳以上であること

・抵当権や賃借権が設定されていないこと、

・市町村民税の非課税世帯か、均等割課税の低所得世帯(収入基準額以下の世帯)であること

 

これは、「生活福祉資金(不動産担保型生活資金)貸付制度」ですので、低所得の高齢者世帯を対象にしている、ということです。

 

もしあなたのまわりに、自宅はあるけれど生活に困っている高齢者の方がいらしたら、民生委員さんなどに声をかけ、こんな制度の利用を促してみるのも有りですね。

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330