読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

亡父の銀行預金を解約したい → 「ご用意していただくもの」

Q6 父が亡くなり、今日お葬式が終わりました。葬儀費用を亡くなった父の銀行預金から支払いたいと思いますが、通帳の印鑑がわかりません。どうしたら良いでしょうか?

 

A 亡くなった方の銀行預金は凍結され、入出金はできません。

印鑑があってもお金を引き出すことはできません。金融機関に正当な相続人であることを証明して、預金の相続手続きをしなければなりません。まず、遺言があるかどうかを確認してください。遺言でその預金の相続人が指定されていれば、その人が預金を相続します。

遺言がない場合は、法定相続人の全員で遺産分割協議をして、財産(預金・不動産・車等)の分割方法を決めます。

 

Q7 遺産分割協議ですか?とりあえず、父名義の預金をなんとかしたいので、明日、銀行等を数か所回ろうかと思っています。

 

A 銀行等に行って、「遺言はありません。遺産分割協議書はまだ作っていません。」と言うと、その銀行の書式をくれます。

「戸籍などを全部集めて、法定相続人の全員の署名と実印、それに印鑑証明書を持って来て下さい」と言われます。

銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行など、それぞれの金融機関で同じことを言われます。これを各別に書類をそろえていては大変です。

 実は、遺産分割協議書にすべて書いてあれば、その遺産分割協議書1通だけで、すべての金融機関に通用します。また、不動産や車、株、ゴルフ会員権など、遺産分割協議書をひとつ作れば、すべての財産の名義変更手続きに使えます。

 まず遺産分割協議書を作成することをお勧めします。

 

Q8 遺産分割協議書を作るときに必要なものは何ですか?

A いつも相談者の方にお渡ししている書式をご紹介します。

f:id:chie-ikeda:20160307154900j:plain

 

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330