司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

遺言

母が認知症になったら、父に遺言してもらおう!

母が認知症になったら、父に遺言してもらおう! 父85歳、母83歳。 父はまだしっかりしているけれど、母はずいぶん認知症が進み、判断力が無くなってきた。自宅の家と土地は、父名義。子供はふたり。親と同居している兄と、別に暮らしている弟。 この状態…

公正証書遺言が無効になる?

公正証書遺言が無効になる? 公正証書遺言が無効になることって、あるのでしょうか。 公正証書遺言は、公証役場で、公証人の関与のもとに作成します。 証人も2名いて、公正証書遺言の作成に立ち会い、署名・押印しています。 ですから、手続き上のミスが原…

「遺言に書いた財産を売りたい」

Q:数年前に作成した遺言があります。そこに、「愛知県岡崎市〇町〇丁目〇番の土地は、次男に相続させる」と書きました。しかし、最近になって、その土地の隣地の人が、「少し高くても買うので、売ってほしい」と言ってきました。高く買ってくれるのであれ…

遺言を作り直すときの注意点

遺言は何度でも作り直すことができます。 日付の新しい遺言が優先され、古い遺言は変更されたことになります。 古い遺言には「銀行預金はすべて長男に相続させる」となっていたが、新しい遺言では「銀行預金は、妻2分の1、長男2分の1の割合で相続させる…

遺言は、作り直せます!

Q 母は先に亡くなっています。 子供は、長男・長女・次女の3人です。 昨年、父は大病を患い、2度の手術。その後も入退院をくり返しています。 その看病をしているのは、主に長女の私。そして次女もよく手伝ってくれます。 しかし、長男は「仕事が忙しいか…

公証役場へ行けない場合でも、公正証書遺言は作れます!

病気で入院中。あるいは、介護施設に入所中。 公正証書遺言を作りたいけれど、公証役場へ行くことができない。 そんな場合は、どうしたら良いでしょうか? そうです!行けなければ、来てもらいましょう!…ということで、公証人に出張をお願いすることができ…

公正証書遺言の作り方

公正証書遺言の作り方 公正証書遺言は、公証役場で作成します。 公証役場は、全国に287ヵ所あります(平成26年11月1日現在)。 遺言をする本人が公証役場へ行って、公証人の前で遺言の内容を話します。 公証人は、本人に遺言をする判断力があるか、本人の…

「ヘタな遺言」その2

「ヘタな遺言」その2:どこ?何?誰?(指定があいまい) 父の遺言 例「自宅は長男に相続させる」 ・・・隣接している畑は誰が相続する? 例「私の家は、妻の花子に相続させる」 ・・・土地は? ※家(建物)と土地は別の不動産です 例「○○市桜ケ丘三丁目2…

遺留分

ヘタな遺言は、遺留分で争うことに・・・ 相続においては、遺言が優先されます。 しかし、「すべて長男に相続させる。(=次男と長女は何もなし!)」なんていう遺言では、あまりにも不公平です。 そんな場合には、遺留分の請求ができます。 「遺留分」とは…

「ヘタな遺言」その1

「ヘタな遺言」その1:長男だけ?!(片寄った分け方) 父の遺言「全ての財産を長男に相続させる。」以上!終わり!! えっ!! ウチは3人兄弟。長男と二男、そして長女。 なのに、長男だけが財産を相続するの??! そんな不公平は許されません! これで…

「使えなかった自筆証書遺言」の話

「使えなかった自筆証書遺言」の話 ご主人の自筆証書遺言が見つかりました。 奥様は、家庭裁判所で「検認」の手続きをしました。 そのとき、家庭裁判所の人に言われたそうです。 「この遺言書は、検認しても使えないかも知れませんよ」と。 どうして、検認し…

自筆証書遺言の訂正方法

自筆証書遺言の訂正方法 自筆証書遺言は、全文を自分で書きます。 人間ですから、一生懸命書いていても、書き間違えることがあります。 そんなときは、どうしたら良いでしょう。 私は全部を書きなおすことをお勧めしています。 「せっかくここまで書いたのだ…

自筆証書遺言の要件

自筆証書遺言には、要件があります。 これを満たしていないと、有効な遺言として成立しません。 その要件とは・・・ 全文を自分で書くこと 日付を書くこと 名前を書くこと 印鑑を押すこと 以上の4つです。 「全文を自分で書く」は、“自筆”証書遺言なのです…

自筆の遺言は、家庭裁判所行きです!!

自筆の遺言は、家庭裁判所行きです!! 自筆証書遺言、自分で書いた遺言には検認が必要です。 検認は、家庭裁判所へ申し立てます。 家庭裁判所ですよ! 申立てのときに添付する書類が多くて、なかなか面倒なのですが、何とか申立てます。 すると裁判所が法定…

一般的な遺言は?

一般的な遺言は? 一般的な遺言は、「公正証書遺言」と、「自筆証書遺言」です。 もうひとつ、「秘密証書遺言」というものもあります。 “公正証書遺言はお金がかかるけれど、 自筆証書遺言は、無料でできる。 両方とも効力が同じなら、無料の方が良い“ では…

遺言はパソコンの中?

遺言はパソコンの中? 今どき、長い手紙を自筆で書いて郵送する、なんてあまりしませんね。電話で済ませてしまうか、メールを送ります。 そういう時代なのですから、財産の残し方も、パソコンの時代? ワードやエクセルで「財産の一覧表」を作って、それを誰…

遺言年齢!?

遺言年齢!? 遺言って、何歳からできるのでしょうか? ・・・答えは・15歳からです。 民法で、そう決まっています。 では、何歳まで遺言できるのでしょうか? ・・・これは民法に「○歳まで」とは決まっていません。 いつまで遺言できるかは、年齢ではなく…