司法書士 池田千恵のブログ

相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

母が認知症になったら、父に遺言してもらおう!

母が認知症になったら、父に遺言してもらおう!

 父85歳、母83歳。

 父はまだしっかりしているけれど、母はずいぶん認知症が進み、判断力が無くなってきた。自宅の家と土地は、父名義。子供はふたり。親と同居している兄と、別に暮らしている弟。

 

 この状態の場合、何をしなければならないでしょうか?

 そう、それは、父に遺言をしてもらうことです。

 

 もし、父が遺言をしないまま亡くなってしまったら・・・。相続人である母と子供ふたりが、遺産分割協議をすることになります。

しかし、母は認知症で判断力が無い。そうなると、母は自分で遺産分割協議ができません。

遺産分割協議ができなければ、父の預金を解約できません。株や投資信託も換金できません。不動産の名義も変更できません。困りますね~。

 

 もちろん、遺産分割協議ができない母に代わって、家庭裁判所成年後見人を選任してもらい、手続きをすることはできます。

でも、手間も時間もかかります(準備から選任まで3~4カ月は必要でしょう)。

また、遺産分割協議に家庭裁判所が関与するので、母の相続分は守られ、「母は何も相続しない。子供ふたりで2分の1ずつ分けよう」などということはできません。

それに、遺産分割が終了しても、成年後見人の役目は終了しません。被後見人(母)が亡くなるまで、ずっと財産の管理をしてもらうことになります。

 

 成年後見人は、判断力が不十分な方の財産管理や身上監護をします。とても重要で、良い制度です。

 しかし、遺産分割協議をするためだけに成年後見制度を使うのは、実は、お勧めしません。

 

 「じゃあ、遺産分割協議ができないじゃないか!」ということになりますが、そもそも遺産分割協議をしなくても済むように、ちゃんとした遺言をしてもらえば良いわけです。

 法定相続人の中に、判断力が無くて遺産分割協議ができない人がいる場合には、遺言、「公正証書遺言」をしてもらいましょう。遺言があれば、遺産分割協議をする必要がありません。

 

 “遺産分割協議ができなくて困る”ことがわかっているのですから、それを回避するために、是非!公正証書遺言をしてもらいましょう。

 

 

相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

  

池田千恵のプロフィール

画像をクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 

過去のセミナー一覧

相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

画像をクリックすると一覧ページへジャンプします

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

「相続欠格者」・「相続人の廃除」があった場合には・・・

Q53 兄が相続欠格者となりました。兄を無視して、相続手続きを進めて良いのですね?

A 相続欠格者および相続人の廃除を受けた者は、相続できません。その者が「いない」のと同じです。ただし、その者に子供がいる場合には、子供に相続権があります。

 被相続人(相続される人=相続によって財産を渡す人)よりも、相続人(相続財産を受ける人)が先に亡くなっていた場合に、相続人に子供があれば、親の相続権を受け継ぎます。これを「代襲相続」といいます。

 「父が亡くなったときに、長男はすでに死亡していた。長男には2人の子供がいる。」という場合には、長男が相続する権利を、長男の子供2人が平等に(2分の1ずつ)受け継ぎます。

 相続人が「相続欠格者」・「相続人の廃除」の場合も、相続人死亡の場合と同じく、代襲相続が起こります。

 代襲相続人を無視して相続手続きをすることは、できません。

 

 

相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

  

池田千恵のプロフィール

画像をクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 

過去のセミナー一覧

相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

画像をクリックすると一覧ページへジャンプします

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

司法書士池田千恵のプロフィール

このブログについて

相続遺言・親の終活」を主なテーマブログを発信していきます

 

自己紹介

愛知県岡崎市司法書士池田千恵です。

 

不動産登記を中心にお仕事をさせていただいております

不動産名義変更手続きです。

不動産は、売買、贈与、そして相続などにより名義が変わります

相続については、“もめてしまって手続きができない”という状態になることもあります

そこで、相続でもめてしまう前に、みなさんにちょっと知っていただきたい知識をお知らせしたいと思い、平成23年からセミナーをさせていただいております

「じょうずな相続

「もめない相続

相続トラブル回避せよ!」

「もめないためのじょうずな遺言

遺言・いつ書く、どう書く、何を書く」等々

また、遺言を含めた、終活(終末活動)に関するセミナーもさせていただいております

エンディングノート

あなた終活はまちがっている?!」等々

セミナーだけではなく、もっとみなさんのお役に立ちたいと思い、このブログを始めることと致しました。

相続遺言・親の終活

まり楽しい話ではないでしょうけれど、知っておいていただけるといいな、という知識を綴っていきます

お読みいただいた方に、少しでも「読んで良かった」と思っていただけたら、とても嬉しく思います

 

経歴・所属

司法書士    平成3年合格
        平成4年開業

所属団体
愛知県司法書士
登録番号 愛知第828号

 

所在地

〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

 

連絡先

0564-54-6330

過去のセミナー一覧

 過去に行いました相続・遺言・終活に関するセミナーの一覧です

 

 毎年、春と秋に岡崎市で開催される「得する街のゼミナール」やその他不定期にセミナーや講演を行っております。

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

chie-ikeda.hatenablog.com

 

 

相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

 

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

 

 

「勘当だ!お前には相続させないぞ!」って、コレできる?

Q52 弟は素行が悪く、とうとう父は「勘当だ!出ていけ!」と弟を追い出してしまいました。「財産の相続もさせない!」と言っていますが、そんなこと、できるのでしょうか?

A「相続人の廃除」という制度があります。

 遺留分を有する相続人(被相続人の兄弟姉妹以外の相続人)が、被相続人に対して虐待や重大な侮辱を加えたとき、または著しい非行があったときには、家庭裁判所に「相続人の廃除」を請求することができます。「廃除」の請求が認められれば、相続人となることはできません。

 

 ただし、「あの子は買い物が好きだから、きっと財産をすぐに使ってしまうだろう。相続人の廃除をしておこうかな~」くらいのことでは、家庭裁判所は廃除を認めてはくれません。

 「相続する権利」を失くすことは、そう簡単にはできないのです。

 ちなみに家庭裁判所が「相続人の廃除」を認めるのは、「重大な犯罪により懲役5年以上となった場合」等です。

 

池田千恵司法書士事務所

所在地
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

連絡先
0564-54-6330