司法書士 池田千恵のブログ

家族信託・相続・遺言・親の終活をテーマに、わかりやすく解説していくブログです

「親の手術に同意する」ということは…

親が75歳になったら、やっておきたい、たくさんのこと!!

「親の手術に同意する」ということは…

 父親が手術を受けることになりました。「あらかじめ説明をしたいので、来て下さい。」と言われ、父親本人と同席し、医師の説明を受けます。

 そして、この「同意書にサインしてください」と、手術の同意書を渡されます。

 

 もともと、医療行為には本人の同意が必要です。本人が意思を表示できない場合には、家族として同意を求められることになるでしょう。

 手術に関しては、特に「本人の同意、あるいは家族の同意が必要である」という法的規制はないようですが、各病院の内規で「同意書に本人及び家族のサインが必要」などとなっていると思われます。

 

 さあ、医師から「今回の手術は…」と説明され、「成功率は99・9%です」と言われました。「よろしければ、この同意書にサインしてください」との医師の言葉に、父親の顔を見て「この手術を受けるってことで、良いんだね?」と確認しました。

 ところが、その様子を見ていた医師からこう言われたのです。

「この同意書は、本人が手術を受けるかどうかではなく、家族の方が同意するかどうかの確認です。成功率99・9%なので、反対に言えば、0・1%は成功しないということ。その場合、一生車いすの生活になるかもしれません。そうしたときに、家族として、一生お父さんを看病していく覚悟はありますか?という質問なのです。」

 

 「えっ!!」と、思わず言葉に詰まりますね。

 そうか、親の手術に同意するということは、そういうことだったのか!!親の手術に同意するとは、「たとえ手術が成功しなくても、私は親を看ていく覚悟があります」という宣言をすることだったのです。ご存知でしたか?

家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

終活年賀状

終活年賀状

 今、「終活年賀状」が話題になっています。

 終活のひとつとして、交友関係の整理があります。年賀状を見直すことは、交友関係の整理に役立ちそうです。

 「終活年賀状」は、年賀状に、「来年から年賀状をやめます」ということを書くものです。

 もちろん、「やめます」ではなく、「来年より、年賀状でのご挨拶を辞退させていただきます」「今年限りで年賀状でのご挨拶を最後とさせていただきます」等の丁寧な言葉を選びます。

 また、やめる理由として、「高齢になったため」「文字を書くのが辛くなったため」等、出す側の事情を説明する文言があると良いでしょう。一方的に“縁を切る”のではないということを伝えるためです。

 しかし、新年早々、「来年からやめます」という内容の年賀状を受け取る方は、ちょっと寂しく感じるでしょう。年賀状は普通に出しておいて、その後に手紙や葉書で「来年から年賀状をやめる」旨を連絡するのが良い、という意見もあるそうです。

 そうは言っても、なかなか手紙や葉書は書けませんね。

 「メールがある」と言っても、歳をとればうまく打てないし、細かい字を読むのも面倒です。

 年賀状をやめると決めたら「終活年賀状」。交友関係の整理をしましょう。

 でも、声が聞きたいと思ったときに電話をし、顔が見たくなったら会いに行く。そんな交友関係を残しておきたいですね。

家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

土地を貸しているのに、認知症で借地権契約の更新ができない?!

土地を貸しているのに、認知症で借地権契約の更新ができない?!

認知症対策としての家族信託~

 

 事業用借地権を利用して土地を貸している場合、契約更新のため、または事業用定期借地権に切り替えるため、公正証書を作成しなければなりません。公正証書で契約をする際には、契約の内容を本人がきちんと理解しているかどうか、公証人が確認します。認知症になってしまい、判断力がとても低下している、あるいは判断力がほぼ無い、という状態では、公正証書は作成できません。つまり、契約更新ができません。

 判断力が低下した、あるいはほぼ無い、という場合には、成年後見制度を利用します。土地を貸している地主さんの場合、財産が多いので、成年後見人は専門家(弁護士・司法書士など)が選任されることになるでしょう。選任された成年後見人が、判断力がなくなった本人に代わり、契約更新をしてくれます。しかし、それだけでは終わりません。判断力がなくなった本人の判断力が元に戻るか、または死亡してしまうまで、成年後見は続きます。

 大規模小売店舗(飲食店、衣料品店、ドラッグストア等の店が集まって商業地を形成しているもの)等の場合には、地主はひとりではなく、数人から十数人ということが多いでしょう。その場合に、その地主の中のひとりあるいは数人が認知症で契約の更新ができない、となれば、他の人たちに多大な迷惑をかけることになります。「契約の更新が間近にせまって、慌てて成年後見の申し立てをした。」と、その先、一生、死ぬまで、本人の財産の全部について成年後見がされ、その間ずっと費用がかかるのだということ等を考える余裕もなく、焦って成年後見制度を利用することになるのかもしれません。

 そうならないように、対策をしておきましょう。

 それは、「認知症対策としての家族信託」です。あらかじめ、信頼のできる家族に頼んでおきましょう。土地を貸している場合、契約期間は20年、30年、あるいは50年と、長期にわたります。いざ、契約の更新となったときに、「判断力が無いからできない」では困ります。

 家族信託なら、いずれその土地を相続して継いでくれる人(子)に手続きをまかせておく、という組み方ができます。家族信託を利用すれば、数十年後のことを心配する必要もなくなり、相続人となる子も、安心できます。

 

家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

「長男がふたりいる?」前婚の子と再婚の子

Q64 銀行の窓口業務をしています。「父(A)が亡くなりました。私は長男(B)です。」と言われ、戸籍謄本でAの長男であることを確認し、預金の相続手続きのお話をしました。翌日、違う方が窓口に来られ、同じように「父(A)が亡くなりました。私は長男(C)です。」と言われました。戸籍謄本を確認すると、この方もAの長男となっています。Aには長男がふたりいるのでしょうか?意味が分かりません。

A 「長男」がふたりいることは、あり得ます。

 長男とは、ある夫婦の最初の男子のことです。Aと妻Xの間の最初の男子はAとXの長男。X死亡後、Aと再婚したYとの間の最初の男子はAとYとの長男となります。ですから、Aには長男がふたりいることになります。

 

f:id:chie-ikeda:20181118194403p:plain

 

 

 相続する権利については、子供の権利は平等ですので、長男でも次男でも、長女でも二女でも三女でも、そして長男がふたりいても、何ら変わりません。

 ただ、「祭祀の主催者」と言われる、仏壇やお墓を誰が受け継ぐかという話し合いで、「慣習で長男が受け継ぐことになっているから、長男Bだ」「いや、長男Cだ」などともめるかも知れませんね。

 

 場面は違いますが…。

 このように戸籍上長男が二人いる場合、気を付けたいのは、父Aが遺言をする場合です。

 遺言に、「長男Bに〇〇を相続させる。次男Cに◎◎を相続させる」と記載した場合、「次男C」という人は存在しませんから、その部分が無効になってしまうおそれがあります。いつもお兄ちゃんB、弟Cと呼んでいるから、と戸籍謄本を確認しないで遺言を作ると、危ないです。

 

「長男がふたりいる」ということは、あり得るのです。

 

家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます

11月17日(土)「どうする?実家と親のこと!!」  ~リバースモーゲージ・家族信託も~ セミナー開催

「どうする?実家と親のこと!!」

  ~リバースモーゲージ・家族信託も~

   

   実家と親のこと、どうしたら良いのでしょうか?

   何もしない? 

   いえいえ、有効な対策をした方が良いですよ!

   「有効な対策」って、何かな?

   そう思った貴方、ぜひご参加くださいませ!

 

 開催日時:平成30年11月17日(土) 10:00~11:30

 

 場 所:城南学区市民ホーム

     (愛知県岡崎市城南町一丁目5番地3)

 受講料:無料

 講 師:司法書士 池田千恵

(愛知県司法書士会所属・一般社団法人家族信託普及協会会員)

 申込み:当日会場へ

 

 お問い合わせ:池田千恵司法書士事務所

        愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1 KNビル202号

        TEL 0564-54-6330

 

家族信託・相続・遺言・終活についてのご相談は

0564-54-6330

までお気軽にお問い合わせください

池田千恵のプロフィール

見出しをクリックすると詳細ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

過去のセミナー一覧

家族信託・相続・遺言・終活をテーマに過去に行ったセミナーです

見出しをクリックすると一覧ページへジャンプします

chie-ikeda.hatenablog.com

 所在地

池田千恵司法書士事務所
〒444-0813
愛知県岡崎市羽根町字池脇6番地1
KNビル202号

※駐車場もございます